【PR】 旅館撮影.com リーズナブルでハイクオリティな旅館・ホテル専門の撮影

グンブロ広告

ビジネスライセンス料  3,000円/月

飲食関連事業用 ライセンス 毎日1セット広告  1,600円/月

お問い合わせは、 info@gunmawen.net

本広告は、30日以上記事の更新がされませんと自動的に掲載されます。 記事が更新された時点で、自動的に破棄されます。  

Posted by 株式会社 群馬webコミュニケーション at

2012年01月26日

断肉のすすめ



記事が書けずに画像ばかりたまっていく・・・

ストーリーを考えるのがなかなかやる気がおきなくてね。

というわけで今日は野良猫好きになってからのお話を少しだけ

1.車の運転が安全運転に。 
だって猫好きだと猫が寄ってくるから道によくでてきちゃうのです。
車を運転すると必ず出てきますね。

次が今日の本題。

2.肉を食べなくなった。 
よくよく考えてみると人間という知的(?)動物なのに
生きているのに殺して食べるって・・・て思うようになりました。しかも食べるために生産(?)して?
といっても完全に断肉は難しいので(気づかず入っていたりするので)
自ら分かったものに関しては買わずで、出てきたものに関しては感謝して残さず頂くことにしています。


それに昔からあまり肉をたべるのは大好きってわけでもなかったので苦でもないですが
ハンバーグは好きだったので最初の頃、食べれないのがきつかったですね。

仕事柄、お肉などのお食事を頂く事があり、今日もおもてなしを受け頂きました。
でも昔ほど食べる機会が減ったせいか、食べると気持ち悪くなります。
今日、頂いたのが高級霜降り和牛なのだそうですが、油が多くて獣の味が前よりするようになりました。
すでに10時間も経っているのにまだ気持ち悪い。犠牲になった和牛さんに申し訳ないです。
思い出しましたが、ある欧米人が始めて牛肉を食べた時のレポートがあって
食べた後の感想が「胃の中にクラスター爆弾を投下されたようだ」って
全く赤身の肉を食べたことがないベジタリアンの男性が牛肉のステーキに初挑戦 gigazin
それの弱い感じがまだ胃の中で(泣)


このまま行くと本当に食べれなくなりそう。
断肉(?)お勧めです。

といっても生産者や食べる人に対して非難もしません。
今は食べることが当たり前、売っているのが当たり前の時代ですから。

でも100年後か500年後かは分かりませんが人類は肉を食べることがなくなっていくと思います。
「常識」というのは常に変わるものですからありえると思います。



昨年いった国二つともまだ猫や犬を食べるところがあるようです。
個人的には「文化(?)」は否定しないので「食べないように」という運動はしません。
「日本では可愛そうだから食べないよ」と言うくらいでしょうか。
それに徐々にだと思いますが自然に食べなくなるでしょう。


  


Posted by i-jun at 23:29Comments(0)